本

出版業界への転職

編集の仕事に資格は必要ありませんが、強い意欲や好奇心が求められます。人材が常に不足気味で、アルバイトから正社員になれるケースも少なくありません。中途採用の求人が多く、未経験者でも転職することができます。

詳しく見る

スマホ

ニーズに合った職場を探す

携帯ショップの求人を選ぶポイントは、自分のニーズに合った求人を選ぶことです。それが気持ち良く働くことになります。その際に便利なのが携帯ショップの求人サイトを利用することです。ここを利用すれば、ニーズに合った職場を効率的に探すことが可能です。

詳しく見る

メニュー

質問する事も重要

仕事

求人情報サイトを使い、希望する仕事を探す事ができるだけではなく、就職フェアなどのイベント情報を集められます。既卒の方も応募が可能な求人を就職フェアで見つける事ができるため、積極的にイベントにも参加する就活も大切です。

詳しく見る

円滑に進めるための仕事

ウーマン

スマートな業務として憧れる秘書の仕事は担当役員とのコミュニケーションが非常に重要です。そのぶんとてもやりがいのある業務ともいえます。未経験の場合には「秘書検定」や「紹介予定派遣」を狙って、一通りの仕事を理解し、ぜひ正社員を目指しましょう。

詳しく見る

小さな努力の積み重ね

人形と書籍

編集の仕事というと、担当した作品によって流行の火付け役になれるような華やかなイメージを抱きがちです。そういう一面もありますが、実際は細かくて緻密な作業を根気強くすることが主な仕事となります。求人応募の際はその点を踏まえた自己分析が必要です。

詳しく見る

派遣からステップアップ

女の人

必要なマナーとスキル

一般企業で社長や役員のスケジュール管理をしたり、重要な来客の応対をしたりするのが秘書の主な役割です。企業以外に議員や弁護士・医師などが秘書を雇う場合もあります。仕事の内容は事務職に近く、特別な資格や免許は必要ありませんが、VIPと接する機会が多いため、高度なビジネスマナーが求められます。また勤務する会社の事業内容や、専門職の秘書の場合は業界の常識などについても、詳しく知っておく必要があります。そのため正社員として採用された新卒者は、ある程度の経験を積んでから秘書に配属されることが多くなっています。もちろん第二新卒や転職者が正社員として採用されることもあります。日本には秘書技能に関する国家資格はありませんが、民間の検定制度がいくつかあります。また短大や専門学校には、秘書コースを設けているところもあります。企業によっては海外との交渉をするため、秘書に英語力を求めている場合があります。以上のような資格を持っていれば、転職するときの武器になるでしょう。資格を取得してから、とりあえず派遣会社に登録しておくのもひとつの方法です。能力を認められれば、派遣社員から正社員にステップアップする可能性も十分に考えられます。OA化の進展とともに、秘書業務の多くは機械で代行できるようになっていますが、特に対人折衝は人間ならではの仕事と言えます。正社員として採用されるには、高度なスキルや経験を身につける必要があるでしょう。

Copyright© 2017 秘書の正社員求人へ転職しよう|スキルの取得が大切 All Rights Reserved.