メニュー

小さな努力の積み重ね

人形と書籍

華やかさの裏側にあるもの

編集の求人に応募しようと考えている人は、自分の根気強さについて把握しておく必要があります。様々なメディアや出版において、ヒット作や、多くの人に支持を集められている作品はとても華やかなイメージがあります。しかし、作品が出来上がるまでには気の遠くなるような緻密な作業が必要です。当然クリエイターも一生懸命に制作するのですが、人間ですから見落としがあったりミスがあったりします。たとえば、小説を執筆していて漢字が間違っていたり、言葉が抜けていたりすることがあります。これを正すのが編集の仕事です。作者は基本的に出版社とのその都度の契約になりますが、編集の求人に応募して仕事をしようとする場合、編集者となった瞬間に会社員になります。作者が自分の作品における見落としで恥をかく分は、自己責任になりますが、編集者が同じミスをやってしまうと出版社の評判を落としてしまうことになります。責任が重い分、極力ミスが許されないというわけです。そうであるにも関わらず、担当する作品によっては何百ページもの分厚い書籍や、また、特別な知識が必要な専門書の場合もあります。飛ばし読みなどはできません。一文字ずつ根気よく読み込む必要があります。よって、編集の求人に応募しようとする人は自己分析が大切になります。やり甲斐のある仕事なので、求人応募率は高いですが、華やかさに憧れているだけでは務まりません。緻密な作業が好きで、細かなところに気づき、新たな知識を身につけることに喜びを感じられる人が向いています。

Copyright© 2017 秘書の正社員求人へ転職しよう|スキルの取得が大切 All Rights Reserved.