メニュー

円滑に進めるための仕事

ウーマン

マネジメント業務として

社長や上司の側近として働くスマートなイメージのある秘書ですが、一度は憧れますよね。もちろん正社員であればお給料も安定するので、正社員を狙いたいところです。しかし、正社員で秘書になるにはどのようなステップがあるのでしょうか。実は秘書はアシスタント業務としてだけではなく、営業職など利益に直結した部門に関わることも多いので様々なスキルが必要となります。まず、正社員の秘書として一番の近道は「秘書検定」を受けることです。2級くらいを目指せば、社会人としての自覚をしっかり持っている人という印象にもなり正社員に採用されるケースが多いです。未経験の場合は、紹介予定派遣をまず目指して一から教えてもらえるような環境を目指しましょう。じっくりとしっかりと仕事をして、会社の一員となれるよう気持ちを引き締めて、業務に取組むことが出来れば正社員となるまでの道もそう遠くはないでしょう。また、紹介予定派遣の場合には継続して仕事を行うことができますので、正社員となるころには一通りの仕事を理解し、経験出来ている状態ですので、正社員となったときに安心して仕事に就くことが出来ます。秘書という仕事は黒子のような裏方の存在で、常に担当役員の方の仕事を少しでも円滑に進める役割を担っています。マニュアル通りでなく、担当役員とのコミュニケーションをとって仕事をすることで、役に立つことができます。このように正社員での秘書業務はとてもやりがいのある仕事だといえます。

Copyright© 2017 秘書の正社員求人へ転職しよう|スキルの取得が大切 All Rights Reserved.