メニュー

出版業界への転職

本

中途採用が多い

編集者として就職や転職したい場合は、出版社や編集プロダクションの求人に応募するのが一般的です。大手出版社でも新卒で未経験者の求人はありますが、一流大学の卒業者が多く、かなりの狭き門と言えます。編集の仕事には広範で旺盛な好奇心と、時代の流れを的確に読む眼が必要です。ただし具体的に何かの資格を求められることはありません。パートやアルバイトで編集の仕事を経験していると、採用試験でも有利に働くことがあります。編集者は常に多忙で、勤務時間は不規則になることが多いと言われています。とはいえ職場によっては、定時勤務がないわけではありません。優秀な編集者は他社からヘッドハンティングされることも多く、人材は不足しがちなので、アルバイトの求人も多数見つけられます。仕事で実績を積み重ねれば、アルバイトからそのまま正社員になれるチャンスも少なくありません。またプロダクション在籍中に多くのコネを作り、独立してフリーランスとして活躍している人もいます。言うまでもなく中途採用は多く、むしろ編集の求人では中心になっていると言えます。未経験者でも比較的転職しやすい仕事ですが、明確な志望理由と強い意欲を示す必要があります。編集や出版業界専門の求人サイトには、勤務形態も待遇もさまざまな職場が掲載されていて、希望に沿った求人を見つけやすいでしょう。サイトに登録しておけば、業界に詳しいキャリアコンサルタントから助言を受けることもできます。

Copyright© 2017 秘書の正社員求人へ転職しよう|スキルの取得が大切 All Rights Reserved.